カテゴリ:中国( 10 )

 

洛陽にて。

ずいぶん前だけど、洛陽のことを書こうと思います。
洛陽に着いたのは、9月の2週目くらいだったかしら。
とりあえず、ユースホステルがあるというのでそこへチェックイン。
6人ドミだったんだけど、誰もいなくて。ロビーにも外国人の気配はないから、このドミは私だけなのかなあ。。。と思っていたんだけど、夕方観光から帰ってくると、ポーランド人3人と日本人の男の子の姿が!!
ポーランド人はカップルの2人と、一人旅のマーティン。カップルの2人はその日の夜行で北京へ向かうとのこと。
そのほかの2人は西安へいくとのことで一緒に行くことに。
日本人のSくんは北京で10ヶ月間仕事してたこともあるという学生さん。心強い。。。
そうそう、ドミはというと、やはり、私の部屋は私だけみたいだったので、鍵とチェーンをかけて就寝。
そしたら。。。なんと夜中の2時ころピンポーンと音が。
そう、チェックインしてきた人がいて、チェーンをかけてしまったせいで入れなかったみたい。
彼はスペインのバスクからきたヤツ、という名前の28歳。
次の日、私は世界遺産の龍門石窟へ行こうと思ってたので、彼と一緒にいくことに。
彼は香港に仕事で1週間きていてそのあと、休みを使って1ヶ月間中国を旅行中とのこと。
龍門石窟は、すごかった!!ほんとに、すばらしかった。。。
レリーフもすごくきれいだし(文化大革命でつぶされてしまったものも多かったけど)、川沿いにあって、とても大きな石窟でした。
ゆっくり観光できて楽しかった~
ヤツはバスクのことがほんとに誇りに思ってるみたいで、熱く語ってくれました。
でもスペイン語交じりで、ちょっとわかりにくいこともあったけど。
ユースに帰ると、他のドミのメンバー8人ほどで、ディナーへ行くことに。
ここでSくん大活躍!!メンバーはイギリス人のマットとダンカン(彼らは高校卒業したばっかりらしく、18歳くらいみたい!)、スイス人カップル2人、マーティンとヤツとSくんと私ということで、中国語できるのはもちろん彼だけ。料理のチョイスも◎でおいしいディナーでした。

次の日は、西安へ行くついでに、その間にある三門峡という街によって行くことに。
三門峡は、黄河の濁流を見るのと、魏国博物館という博物館へ行くことに。
黄河は。。。残念ながら、夏で水量が少なくて濁流!というのはみれなかった。。。
魏国博物館はすごくよかった!!
観光客がまったくいなくて、静かだったんだけど、西安の兵馬俑のような感じで、発掘したのをそのまま残して博物館にしてあって、とてもよかった。
多分、この街じたいが、ロンリープラネットにのってないから、観光客はあまりこないのかもしれないけど。
そして、電車の時間ということで駅へ行ったんだけど、なんと電車が1時間以上遅れ、西安についたのは、10時すぎ。
ユースを探し、ごはんを食べ、就寝でした。

そんな感じの3日間でした。
[PR]

by mayjay2 | 2005-09-29 18:01 | 中国  

成都。

さて、今は成都にいるんだけど、あさってラサへのエアーがとれたので、いよいよチベットへ
向かいます。
泊まっているのは、Sims Cozy GH。バックパッカーが集まってて日本人もとっても多い。
10人ドミで20元なり。食事もできるし、かなり過ごしやすいGHです。
今日は雨が降っていて、なにもする気がおきず・・・
とりあえず、ラサへ行く準備でおかいものには行こうかな。という感じで。
明日は晴れたらちょっと観光して、ラサに備えます。

今までの道のりは、また時間があるときに少しずつ書いていくことに。。。
[PR]

by mayjay2 | 2005-09-26 17:30 | 中国  

九塞溝へいってきた。

ただいま、成都です。昨日、九塞溝から帰ってきました。
成都から3泊4日のツアー、930元なり。
さて。予想通り、ツアーに外国人は私だけ。というか、ひとりシンガポールからきた徳光くんという男の子がいて、私の通訳になってくれたけど。
1日目は、成都からバスで10時間かかるっていうことで、なにも書くことないかな・・・って思ってたんだけど、大間違い!
朝7時ピックアップで、ツアーバスに集まったのは8時過ぎ。それから30分ほど走っていると、なんと公安につかまった!
どうもこのバスが古くて、設備とかもあんまちゃんとしてないから、九塞溝への山道はこれじゃ危ないからだめだっていってるみたい。
で、バスは出払っててこれしかないみたいで、このまま行こうっていう人と、ちゃんとしたバスに変えて行きたい、って言う人でツアー内が分かれてしまって、もう大変。
仕方ないから、11時過ぎくらいにこのまま乗っていく、って言う人だけ乗せてバスは出発。12時半ころ都こうえん、というところでランチ。終わってしばらく乗っていると、置いてきた人たちが合流して、無事やっと出発。
ということで、午前中を成都でまるまるつぶしたツアーバスは、がんばって走ってくれてはいるものの、夜になっても山道を走り続け。
10時すぎにやっと夕食。そして12時過ぎにホテルに到着。
明日は7時ピックアップ、ってことでげんなりしてたんだけど、それからがまたひと悶着。
ホテルは一部屋2~3人、っていうツアーだったんだけど、私はひとりで参加したから、50代くらいの夫婦の部屋で一緒に寝ることになったんだけど、そこの奥さんが怒ってしまって。
私は日本人で言葉もわからないし、っていう感じで文句を言ってて。でも私もどこにも行くとこないし、今日はもう寝るだけだから、と思って早々に就寝。
移動だけかと思ったら、けっこういろいろトラブル発生で、疲れた1日でした。
そして2日目。九塞溝へ。
徳光くんとしばらく一緒に動いてたんだけど、途中で3人組の中国人と合流して観光。
ほんと、きれいだった~~びっくりした。これはカメラでとってもあらわせないし、行ってみないとこの感じはわからない!と思う。。。
そして、観光客の多いこと!!人民パワーを感じた。。。
そしてその夜はチベタンショーへ。
まあ、チベタンの歌謡ショーって感じ。ダンスあり、歌あり。人民を交えてのダンス(盆おどり的なかんじ)、クイズ大会あり。
この夜は、昨日の夫婦は違うホテルへ変わったらしく、部屋を独り占め。といっても、疲れて爆睡だったんだけど。
そして3日目。黄龍へ。午前中はおみやげものやさんへ寄ったりして、午後から黄龍へ。
九塞溝を見たあとだと、正直、そこまでの感動はなかったんだけど、きれいだった~~
九塞溝のようにバスはないから、歩いて上っていったんだけど、これがつらい!!酸素買ってきてる人も多くて。
私は、上へ行っても頭いたくなったりすることはなかったからよかった。。。
そうそう、おみやげものやさんがこれまたすごくて。牛肉の加工品を売ってるところなんて、試食ができるんだけど、すごい人!!私にはあの間をおして試食するのは無理だわ・・・と思ってたら、同じツアーの人がいろいろ持ってきてくれて、おいしく試食できました~みんなやさしいなあ。ここでもまたパワーをかんじました。。。
4日目。成都へ帰ります。朝ゆっくりできるかと思ったら、この日は朝6時半集合。途中おみやげものやさんへ寄りながら帰ってきたんだけど、ドライバーのおじさんががんばってくれて、なんと12時すぎには都こうえんに着いていた~ということで、このツアーには含まれてないけど、自分で入場料払えば都こうえんも観光できるということで、行ってみた。
そうそう、あとで知ったんだけど、この都こうえんも世界遺産らしい。。。知ってればもう少し気合をいれて観光したんだけどなあ。。。とちょっと後悔。でもこの堰の仕組みとかわかって、これを2000年前に考えた人はすごいなあ、とびっくりした。
そして、成都へ戻ってきたのが6時ころ。
ツアーで一緒だった徳光くんと、あとアモイからきた、っていう中国人の女の子(実は同い年で、だんなもいるみたい)が一緒についてきて、同じGHにとまることに。
3人で、四川名物の火鍋を食べに。めっちゃ辛かった~~でもおいしかった☆
徳光くんはさっきシンガポールへ帰っていきました。通訳ありがとう~~
私ひとりで、このツアーはつらいかなあと思ってたんだけど、みんなツアーの人たちやガイドのインインちゃんもやさしくて、いい人。楽しめてよかった☆
九塞溝は、ほんと童話の世界のよう。とてもいいところでした~
[PR]

by mayjay2 | 2005-09-26 17:25 | 中国  

西安より。②

さて。
西安3日目のことを。3日目もS君と一緒に。
3日目はチャーターしたタクシーもちゃんと6時半にきて、それに乗って西方面へ出発!!
途中で包子なんかを食べながら。
まずは乾陵へ。
8時過ぎに着いたこともあって、観光客はほとんどおらず。
ゆっくりと沿道を登っていくと、さらにその先に山道が。。。
ガイドに載ってる無字碑もなかったから、この上にあるに違いないと登りはじめ。
この朝っぱらからかなりエグかったけどなんとかついた!と思ったら、そこには何もなく。。。
地元の子供たちが遊びで上ってきてるだけ。
でもそこからの景色はとてもきれいだったので、それで満足、ということにしておこう。
下へ降りると、そこにありました!無字碑が。。。
そのあと、永泰公主墓へ。
ここはけっこうよかった。則天武后の孫のお墓なんだけど、お墓までの地下への道の壁には絵がけっこうきれいに残っていて。
そしてそのあと~乾陵地宮へ。。。いやな予感がちょっとしたけど、さかんにすすめられて、入ってみた。やってしまった~~ここもろう人形。やっぱり地下宮はろう人形なのね。。。
その後、昭陵へ。ここは、ほんとにここにあるのか、と思うような道のりで。舗装されてない道が続いて、こっちであってんのか??と思ってると到着。もちろん、観光客らしい人影はほとんどなし。
でも、ここはあたり!だと思う。石碑や俑なんかの展示があって、けっこう満足。きた甲斐はあったと思う。一応、裏に登れるお墓があったので、登ってみる。そこまで高くなかったからよかった。。。
ここで、お手洗いに行きたくなり。イヤな予感が。。。見事的中!
そう。中国にて2回目のニーハオトイレ。(昼間にいくのははじめて。。。)ちゃんと掃除してあって汚いわけではぜんぜんないんだけど、下のほうに蠢くものが。うじ虫~~。昼間にちゃんとみるとエグイものが。。。これから慣れていかないといけないのだろうけれど。汚い話でごめんなさい。
そして、茂陵へ。ここはけっこうしっかりした博物館。池とかもあったし。動物の石像があってけっこうかわいかった☆
その後はまっすぐ西安へ帰ってきて、3時くらいにはついてたから、ちょっと一息ついたあと、大雁塔と青龍寺へ。
青龍寺は空海が恵果和尚から密を授かったところということで有名。お寺のまわりにはやぎとかいて、けっこうのどかな感じ。
大雁塔はけっこう大きい!びっくりしたよ~登りたかったけど、足がいうことをきかず。。。断念。
3日目はけっこうハードな1日だったけど、満足☆
そして4日目。
この日はとなりの町(といっても電車で2時間。。。)の宝鶏へ。
朝、けっこうゆっくりしてしまったから、11時のバスに乗ったんだけど、これがけっこう時間がかかって。。。3時間後到着。
S君がこの日の夜成都にたつということで、17時半の電車に乗って西安に帰らないといけないということで残された時間は3時間半。
行きたかったお墓とかには遠すぎていけないので、近くの炎帝嗣や、古代散関へ。古代散関は、山のほうで、けっこう登りもあってきつかった。。。
最近、山に登ってばっかりだわ。。。年には勝てない~
そんなこんなで宝鶏へのショートトリップは、終了。
ということでだらだらと書いてしまったけど、そんな感じで4日間は終了。
[PR]

by mayjay2 | 2005-09-14 23:25 | 中国  

西安より。

ただいま西安4日目。ずっとさぼっていたブログ更新にやっと着手。
とりあえず、西安についてからのことを書いていきます。その前のことはまた別の記事で。

西安到着は、夜9時。電車が1時間ほど遅れた。。。
それから、一緒に行動していた日本人Sくんとポーランド人マーティンとともに、バスで西安の鐘楼近くのユースホステルをめざす。
無事到着して、チェックインしてごはん。
そうそう、南京のYHであったEvelineに部屋で再会!ほんとにびっくり。
彼女は南京のあと、北京へ行ってそこから西安にきたみたい。
船の中で中国人の子に教えてもらった夜市が出るあたりに行こうということで歩いたんだけど、11時ということもあって、あまりはやっていない感じ。というか、違う場所にきてしまったのか??
ということで食堂にはいり、目についた料理、羊肉泡膜というものをオーダー。
なにかというと、羊のスープに春雨、羊肉、パクチー、そしてパン!!(それも大量)を乗せたもの。西安の名物?らしい。
スープはおいしくって、お肉もやわらかくておいしかったんだけど、パンが。。。
正直私的にはきつかった。。。
その日は疲れたので、洗濯しようと思ってたけど就寝。

2日目。今日もSくんのあとをついていきました。
朝7時くらいに起きて朝ごはんへ。
豆乳が飲みたかったんだけど見つからず、西安でおいしいという包子のお店へ。
羊肉と野菜(三鮮)をオーダー。
あつあつのジュースたっぷりの包子をほうばって満足。
そのあと、とりあえず宿にもどって今日は西方面へ行こうということになって、出発。
タクシーをチャーターして行こうと思ってたんだけど、そのタクシーのおばちゃんがこの時間からでは遅いからと、次の日の朝6時半!!にくるということで決定。
そのため、この日は兵馬俑なんかがある東コースへ。
さて。とりあえず駅へでてバスを捕まえることにしたんだけど、ちょうどそのバスが満席になってしまい、ツアーがバス代10元だというので、それに乗ることに。
これがあとで書くけど蝋人形ツアーのはじまり。
はじめに行ったのは、臨鐘博物館。小さな博物館だけど、玉(ひすいとか)や唐三彩なんかもあって私的にはけっこう満足。
そしてその後、秦陵地宮へ。これはあとで書きます。
それから、なんか国共合作のときの記念碑とかあるような山みたいなところへ連れて行かれ。
これはつまんなかった。。。まじで。でも蒋介石のそっくりさんがいて、その人と一緒に写真をとるっていうお店があったのは笑った・・・でもけっこう似てた~
そのあと、お土産やさんに寄ってごはん食べてから始皇帝陵や兵馬俑に行くっていうから(その時点ですでに3時回ってる~~}ツアーを離脱して、バスやタクシーで行こうということに。
まず始皇帝陵。でかい!でかい!とても晴れた日で暑いんだけど、日陰なんてなく。がしがしと上へ上り。。。へろへろです。
でも上からの景色はよかった~大きさも確認できるし。
そして、いよいよ兵馬俑へ。どきどきです。
まず兵馬俑の博物館までの小道の長いこと。500メートルくらいあるんじゃないの?って感じで。でも中に入ると、ほんとにその大きさに圧倒されます。
やっぱりすごいのは1号抗。大きさもだし、兵士の多さ、顔の違いとか。すごいもん作ったんだなあと。
2号、3号はまだ発掘途中、ということがよくわかる(もちろん1号も発掘してる)。ほんとにここは西安のメインスポットです。
帰りのバスは疲れてちょっと居眠り。
その日のごはんは、羊肉の串焼きとビール!!うま~~い。
ということで2日目終了。
3日目はまたこんど。
[PR]

by mayjay2 | 2005-09-13 19:10 | 中国  

今は南京。

そして、南京へ到着。
まだ1日目だから、よくわからないんだけど。
泊まっているのは夫子廟近くのユースホステル。ドミで40元なり。
ここにきて、やっと、旅人っぽい宿になりました。
杭州のユースは、中国人ばっかりでドミも中国人家族が泊まっていたり。
南京のユースももちろん中国人多いけど、外国人も多いみたい。
でも今は日本人はいないみたい。
今日は南京博物館へ行ってきました。
博物館では、陶器や、ヒスイの飾り物や道具、掛け軸なんかがあって、とても興味深かった。でも、虎とか龍のデザインが多すぎて、ちょっと飽きちゃったりも。
そして、もうひとつやっていたのが、抗日戦争60周年の展示。
その展示はただで、中国人がたくさん見にきてた。
中国語でしか説明がなくて、英語での説明がなかったので、ちょっと(名前とか、できごとの名前とか)しかわからなかったけど・・・
写真での展示がほとんどで、そのほかの資料はあまりなかったけれど、じっくり見学。
やっぱり60周年という節目をすごくもりあげようとしてるんだなあと実感。
そのあと、繁華街へ行って、夕食。
ぶっかけごはん(セロリとお肉)とスープ。12元なり。
そのあとスタバへ行ってみた。
中国で初スタバなんだけど、やっぱり高かった!!
今日のコーヒーで12元。(夕食と一緒じゃん!!)
ラテのショートで19元もするし!!
でも、ゆっくりできるので、これからもたまに行こうかな。
ということで、今日までの報告でした~
[PR]

by mayjay2 | 2005-09-01 00:13 | 中国  

杭州にて。

杭州へ☆
杭州には、上海の浦江飯店のドミで一緒だったミシェルと周さんがいるということで、着いたらミシェルに連絡。
二人は中国人で、前にリーボックで一緒に働いていた友達だということ。
で、今ミシェルはティンバーランドで働いてるんだけど、1週間の夏休みで、上海と杭州へ周さんと旅行することにしたんだって。
ただ、またこれが再開するまでが大変!
武林門、というバス停までまず、バスに乗って。着いたらまた連絡することになってたんだけど、近くに電話がない!
ちょっと歩いたところに公衆電話があって、そこから電話を。
二人はバス停にいたらしいんだけど、見つけられず。
近くにいた中国人の女の子の助けを借りて、なんとか再会。よかったよかった。。。
ミシェルがユースホステルに泊まってたので、そこを紹介してもらう。
とても新しい、きれいなユースで、8人部屋ドミトリー1泊40元なり。
着いた日は、部屋には3人しかいなくて、とっても快適。
もう一人いた女の子は杭州でメイクアップを勉強していて、1ヶ月間そのドミに住んでるそう。
杭州は西湖で有名。
大きな湖で、周りに庭園がひろがっていて、とってもゆっくりできるところ。
次の日は西湖へ。3人で遊んで、とっても楽しかった。
そしてそこでさすが中国人!だと思ったのは、夜、話していて、議論になったこと。
要は中国の将来や問題点について、なんだけど、かなり白熱した議論に。
ミシェルはけっこうポジティブな意見で、これから彼女はNGOとかで、なにか始めたい、という。
周さんは、問題点のみを見ていて、自分自身のことで手一杯だから何もできない、と問題ばかりをあげるだけで、どうすべきか、ということまで見えない、という。
私はどちらの意見も本当だと思うんだけど、ちょっと議論の次元が違うなあ、って思って。
なかなか興味深い夜でした。
杭州3日目に、ミシェルは珠海(香港の近くらしい)へ帰っていきました。
私はというと、お寺に行って、あとは西湖散策を楽しみ。
ゆっくりとリフレッシュできたかな。
杭州はとてもすごしやすいところでした☆
そして、二人に出会えたことに感謝☆
これからもいい出会いがありますように。
そして南京へ~
[PR]

by mayjay2 | 2005-08-29 23:45 | 中国  

tadaima kousyu[hang zhou]

ima kousyuu desu. net cafe kara nanode nihongo ni dekinai...
yominikuikedo yurusitene.
shanghai no tugiha sosyu ni ittekiamsita.
sosyu yakyoku de yuumei na mizu no machi.
teien ga takusan atte kireidesita.
sosite kousyu.
shanghai no domitry de atta chinese girl ga kousyu ni ite youth hostel wo syoukaisite kuremasita.
kinouha sonoko to kankou sitayo.
totemo yoi hito desita.
kanojoha getuyoubi kara sigoto ga hajimarunode kyou asa kaette ikimasita.
nanode korekara hitoride kankou sitekimasu.
asatte idousite tonxi he iku yotei.
[PR]

by mayjay2 | 2005-08-28 13:02 | 中国  

蘇州にて。

蘇州でのできごとを。
上海で3泊したあと、蘇州へ移動。
「蘇州夜曲」で有名な水の都。
駅についてすぐに、観光の客引きに遭遇。
蘇州の安いユースホステルを知らなかったので、とりあえず、そのおばちゃんのいう1泊168元のホテルへ。
そして念願の中国人ツアーにも参加決定☆
なぜかというと、15元でとっても安かったから。(もちろん入場料は別。中国語ガイドつき)
その日はツアーでは行かない拙政園に行くことに。
有名な庭園らしく、たくさんの観光客が!!
そして、ほんとうに大きなきれいな庭園でした。
ゆっくり散策した後、ごはんを。夕食は肉まんと、スープ。
そして次の日朝なんと7時半からツアー開始!!
獅子林や、寒山寺などをまわるツアー。
もちろんみんな中国人で、外国人は私のみ。。。
ガイドの言ってることはぜんぜんわかんないけど集合時間だけ聞いて、あとは自分で観光。
そして。
ランチのときに入ったお店で、どうしていいか困っていると、同じツアーの中国人カップルがこっちへ、って手招きしてくれて、おごってくれた☆
男の人は英語はまったくだめみたいだったけど、女の人が少し英語ができるみたい。
江西省から観光に来たって言ってた。
ランチは、豪勢で、お魚の煮付けと、スープ、野菜の炒め物、お肉の煮たのとか。
いい人だったなあ。
そしてそのあと事件が!!
寒山寺に行って、ああこれが蘇州夜曲に出てくる寒山寺だーと思っていると、うっかり集合時間を聞き忘れておいてけぼりに。
まじであせった・・・
しばらく寺内を探し回っていると、同じ会社のたぶん同じツアーの違うガイドさんが、私のバスは行っちゃったから、私のバスに乗れという。
よかった。。。ほんとおいてけぼりになったら、自分で普通に公営バスに乗らないといけないなあと思っていたところだったから。
とにかく、なんとかツアーを無事に終えることができました☆
次の日は移動日。
杭州へ~☆
[PR]

by mayjay2 | 2005-08-27 23:22 | 中国  

上海到着!!

とうとう昨日昼に上海上陸しました☆
3日間の船旅は特に船の上ではすることがなくて、食べて、寝て、しゃべって、てな感じですぎていきました~
これはこれでゆっくりできてよかったのかも。
昨日到着して、バックパッカー御用達?のホテル浦江飯店のドミトリーに宿泊中。一泊70元なり。
昨日は友達の友達のZIVENに会って、夜ごはんとナイトクルーズを楽しんできました☆
上海の夜景がめちゃくちゃきれいだった~~
そしてZIVENとってもやさしいいい人でした~ぜんぶおごってくれたし。顔もちょっと好みかも。めがねかけてるところが。。。
でも残念ながら彼女と同棲していて、来年結婚するっていってた。。。残念。笑

今日は、午後豫園へいって、同じドミトリーにとまってる日本人のアッコちゃんとまったり2時間ほど茶芸館でおちゃを楽しみました。
ジャスミン茶はやっぱりおいしいなあ♪
その後、いよいよ今日のメイン上海雑技団へ~
同じドミの女の子となえむらさんと合流して鑑賞。
めちゃくちゃよかった☆☆
あれは確かに上海行ったらぜったい見るべき!!写真とったのでアップしたいけどネットカフェから接続してるので今日はできないのが残念。

という感じの1日でした。
明日は、お寺めぐりの予定。

ではでは。
[PR]

by mayjay2 | 2005-08-23 00:48 | 中国